お店の開店パーティーに呼ばれたと思ったら映画の試写会だった話【ステーキ・レボリューション】

sr_eye

ども、ゆうせいです。

私は今、京橋に来ています。なぜかと言うと、「ステーキ・レボリューション」というお店のオープンに招待されたからです。

ステーキを扱うお店は数あれど、ステーキレボリューションつまり「ステーキ革命」ほど血沸き肉踊る店名はありません。

610_IMG_2295

私も正装で、そして肉にぴったりの赤ワインを準備して参りました。

ちなみの今回準備した赤ワインは、キャセイパシフィックのファーストクラスでも提供されているという「エステ ティント」です。

1,500円程度の価格帯ながら、アメリカのワイン評論家ロバート・パーカーが89ポイントをつけたことでも有名になりました。

610_IMG_2302

ま、ワインの話はこれくらいにして、会場に向かいましょう。今回のイベントはシークレットとなっており、大きな看板は出ていないようです。

610_IMG_2305

小さな看板がありました。

この先に…

ん?

610_IMG_2308

え?

610_IMG_2309

ワインをここで回収ですか?

610_IMG_2312 610_IMG_2316

少しタイミングが早い気もしますが、ここはギャルソンに従っておきます。きっと適温で提供してくれるのでしょう。

610_IMG_2317_1

席に案内される前にメニューが渡されました。「肉の常識が、ひっくりかえる。」と書いてあります。なかなかの自信ですね。

610_IMG_2321

席に案内されました。

610_IMG_2323

すごくふかふかです。
上質なソファーと言うか、映画館のようです。

610_IMG_2326_1

とか言ってる間にお肉の時間のようです。

black

ん、停電かな?

sr_main_01

え? 牛の状態から?

sr_sub_5
お、シェフかな?

sr_sub_1

いいね〜

sr_sub_4

食べやすくカットしてくれたの?

sr_sub_2

いいから早く持ってきて!

black

え?また停電?

おい…まさか…

これって…

610_IMG_2329

お店じゃなくて映画じゃん…

……

………

610_IMG_2331

よくも騙したぁぁぁあああああ!!!!

sr_anime01

やってくれたなぁあああ!
 
 
 

sr_anime03

ワインは没収されただけじゃねぇえか!!!(※持ち込み厳禁)
 
 
 

sr_anime02

ワインかえせええぇぇぇ!!!!!!
 
 
 

お店のオープニングセレモニーじゃなくて、「ステーキ・レボリューション」って映画の試写会に招待してもらったんじゃないか! 

そりゃお酒の持ち込みなんてダメに決まってるし、ただ没収されただけで、マイナイフとマイフォークまで持参して、とんでもない勘違い野郎じゃないか。

しかも映画として新しい可能性を魅せてくれた、肉とステーキだけで飽きさせない演出満載の、日本の牛肉もちゃんと紹介されてるめっちゃいい作品だったじゃないか!!!

馬鹿っ…!
圧倒的馬鹿っ……!

……

610_IMG_2334

お肉…

610_IMG_2337

お肉が食べたいです……

610_IMG_2340

スッ

610_IMG_2346

みっ…みんな!

610_IMG_2347

「お肉、食べに行こうよ!」

610_IMG_2349

「…うんっ!」

610_IMG_2361_

というわけで、ステーキを食べにきました!

610_IMG_2364

京橋のくいしんぼさんにね!

sr_niku01

念願の肉!

sr_niku02

もはや肉塊!

sr_niku03

顔よりでかい。

いっただきま…

ん?

610_IMG_2387

パシャ!

610_IMG_2395

何やってるの? Facebookに投稿するの?

610_IMG_2404_

ちがうよ〜
飯テロだよ、飯テロ!

610_IMG_2397

飯テロってなあに?

飯テロって、ビットエーが運営する新しいグルメメディアだよ〜

説明しよう、飯テロとは

610_IMG_2400
夜の22時から朝4時の「お腹が空いて一番苦しい時間帯」に、フィード上を美味しそうなB級グルメの写真で埋めていく、聞くだけで見たくないけど見てしまう、残酷で無慈悲なWebサービスです。

投稿方法は簡単で、

610_meshiero001

ヘッダーの投稿ボタンを押します。

610_meshitero002

ログインします。Facebookログインが一番簡単です。

610_meshitero003

あとは、写真とコメントを入れて投稿するだけ。

すごいぞ飯テロ!簡単だぞ飯テロ

610_IMG_2405

こんなWebサービスがあったなんて、ぜんぜん知らなかった〜!
すぐに参加しなくっちゃだね!

610_IMG_2405 2 610_IMG_2405 3 610_IMG_2405 4 oshimai

以上、ビットエーが運営する「飯テロ」の強制的なご紹介を、映画「ステーキ・レボリューション」とのコラボレーションにてお送りいたしました。

後悔はしていません。やりきった気持ちでいっぱいです。ぜひ飯テロをご利用ください。

映画「ステーキ・レボリューション」の詳細はこちら

2015年10月17日(土)〜
YEBISU GARDEN CINEMA / 109シネマズ二子玉川 / 大阪ステーションシティシネマほか全国順次公開

旨い牛肉はどうやって作られるのか――

その謎に迫るため、監督のフランク・リビエラはお気に入りの精肉店の店主イヴ=マリ・ル=ブルドネックと共に、大胆、かつエコロジー意識が高い、世界中の食肉業界の革新的なキーパーソンたちに出会うため、2年間の「世界最高のステーキを見つける」旅に出た。

公式ティザーサイト

さらに詳しい情報はこちら

20カ国、200を超える有名・無名のステーキハウスを食べ歩いた結果、そこに見えてきたものは、新たな市場を切り拓こうとする者たちの前にはだかる、想定外の壁だった……。肉の常識がひっくり返る、ビッグ・ブーム到来、世界のお肉事情をすべて見せます!

  • 世界一美味しいステーキを探すために、全世界20カ国、200を超えるステーキハウスをめぐって旅した ステーキ・ロードムービー
  • 美食の街で開催される、第62回サン・セバスチャン国際映画祭正式出品作品
  • 肉にまつわるあらゆる知識が詰まった新たなお肉の教科書。知って食べると100倍旨い!
  • この映画を観た後は、お肉を食べたくなること間違いありません!ステーキハウスを各自ご予約の上、ご鑑賞ください。
  • ご注意:この映画には空腹な方にとって、暴力的な表現が含まれています!

監督:フランク・リビエラ
出演:パリで一番の精肉店オーナー、イヴ・マリ=ル・ブルドネックさん&世界各国の牛さんたちと、その飼育家、精肉店店主、ステーキハウスのシェフなどお肉の未来を牽引するトップランナーたち
ドキュメンタリー映画/フランス語・英語・日本語/114分/カラー/2014
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部
特別協力:昭和の森フォレストビレッジ/焼肉芝浦/ウルフギャング・ステーキハウス

© 2014 LA FERME PRODUCTIONS SAS et C.PRODUCTIONS