お台場へのアクセスはバスが便利!乗り換えなしで移動する方法をまとめてみた

photo-7 のコピー

ども〜!乗り物が大好きなアスカです!車に乗りながらゲームボーイで遊んでいても酔ったことはありません。

電車で通勤・通学をしていると定期券の恩恵を受けられますから、休日のちょっとしたお出かけにも電車で移動するという人は多いのではないでしょうか。ただし、目的地がアクセスの悪い場所だと、何度も乗り換えをしているうちに行くのが嫌になることだってあるでしょう。なかでも、大変なのがお台場エリア。特に、東京・東部エリアからお台場へは電車だとアクセスが最悪なんですよね。

ですが、ご安心ください!そんなときにオススメなのがバスです。今回は都内の各方面からお台場へ行く際に便利なバスをご紹介していきます。

photo-7 のコピー

東京スカイツリータウン・錦糸町から「京浜急行バス」

東京スカイツリーからお台場まで行けるのが「京浜急行バス」。そんなルートで移動するのは観光客くらいかなと思ったりしますが、次に停車する錦糸町前から乗ってお台場・東京テレポート駅前まで利用する人は多そうですね。錦糸町あたりとお台場を結ぶ電車はないので、けっこう便利です。

運賃は600円(小児300円)と高め。PASMO、Suicaといった交通系電子マネーの利用が可能。ただ、バスの運行本数が少ないのが難点かもしれません。需要が多ければ今後の本数拡大に期待したいところ。

【ルート】
東京スカイツリータウン ⇒ 錦糸町駅 ⇒ ホテルイースト21東京 ⇒ 東京テレポート駅 ⇒ ホテルグランパシフィック LE DAIBA ⇒ 大江戸温泉物語

京浜急行バス

品川・田町から「お台場レインボーバス」

品川駅(港南口)もしくは田町駅(東口)を始発とし、お台場との間をグルっと循環するバスが「お台場レインボーバス」です。運賃は210円(こども100円)。電子マネーのPASMO、Suicaは利用できないのでご注意ください(ドコモのiDは利用可)。

始発は朝7時台からあり、たとえば品川駅からフジテレビ前を約18分で結びます。最終バスは22時台。

【品川循環ルート】
品川駅(港南口) ⇒ お台場海浜公園駅前 ⇒ 台場二丁目 ⇒ フジテレビ前 ⇒ ホテルグランパシフィック LE DAIBA ⇒ ヒルトン東京お台場 ⇒ フジテレビ前(アクアシティお台場前) ⇒ 台場二丁目 ⇒ お台場海浜公園駅前 ⇒ お台場学園前 ⇒ 台場一丁目 ⇒ 品川駅(港南口)

【田町循環ルート】
田町駅(東口) ⇒ お台場海浜公園駅前 ⇒ 台場二丁目 ⇒ フジテレビ前 ⇒ ホテルグランパシフィック LE DAIBA ⇒ ヒルトン東京お台場 ⇒ フジテレビ前(アクアシティお台場前) ⇒ 台場二丁目 ⇒ お台場海浜公園駅前 ⇒ お台場学園前 ⇒ 台場一丁目 ⇒ 芝浦三丁目 ⇒ 田町駅(東口)

お台場レインボーバス

浜松町から「kmフラワーバス」

JR山手線の浜松町駅からお台場エリアを結ぶバス。運賃は210円(こども100円)。電子マネーのPASMO、Suicaは利用できないのでご注意ください(ドコモのiDは利用可)お台場海浜公園、フジテレビ前、大江戸温泉物語、パレットタウン、東京ビッグサイトなどお台場の多くのスポットに停車するのでけっこう便利です。

【浜松町駅からお台場エリアへのルート】
浜松町駅 ⇒ 浜松町駅前 ⇒ 海岸一丁目 ⇒ 竹芝桟橋 ⇒ 日の出桟橋 ⇒ 芝浦ふ頭入口 ⇒ お台場海浜公園駅前 ⇒ 台場二丁目 ⇒ フジテレビ前 ⇒ 台場駅前 ⇒ 船の科学館駅前 ⇒ 日本科学未来館前 ⇒ 東京港湾合同庁舎前 ⇒ 大江戸温泉物語 ⇒ テレコムセンター駅前 ⇒ 大江戸温泉物語 ⇒ パレットタウン前(青海駅前) ⇒ フェリー埠頭入口 ⇒ 東京ビッグサイト ⇒ 東京ビッグサイト東棟前 ⇒ 国際展示場駅入口 ⇒ 国際展示場駅前(着)

kmフラワーバス

東京駅からお台場へ「大江戸温泉物語行き無料巡回バス」

東京、勝どき、八丁堀、品川、森下、錦糸町、住吉、東陽町、門前仲町、豊洲といった場所からお台場の大江戸温泉物語へ行ける無料の巡回バスが出ています。

運行本数は少なく乗車定員も多くはありませんので、バス停の列に並んでいても必ずしも全員が乗車できるという保証はありませんが、これほどまでに多方面から大江戸温泉物語へ行くバスが無料で出ているのというのはさすがに驚きでしょう。特に、森下・錦糸町・住吉あたりからお台場へのアクセスは非常に悪いですし、無料の巡回バスを利用しない手はありません。大江戸温泉物語に行くついでにお台場を楽しめますよ!

【各ルート】
・大江戸温泉物語 ⇒ 東京テレポート駅 ⇒ 大江戸温泉物語
・大江戸温泉物語 ⇒ 勝どき ⇒ 八丁堀 ⇒ 東京駅八重洲口 ⇒ 勝どき ⇒ 大江戸温泉物語
・大江戸温泉物語 ⇒ 品川駅 ⇒ 大江戸温泉物語
・大江戸温泉物語 ⇒ 森下 ⇒ 錦糸町 ⇒ 住吉 ⇒ 東陽町 ⇒ 門前仲町 ⇒ 豊洲 ⇒ 大江戸温泉物語

大江戸温泉物語行き無料巡回バス

バスは緊急時にも役に立つ!

いかがでしたでしょうか。意外と便利なバスの良さをもっと知ってもらいたいな〜と思い、今回取り上げてみました。便利なだけでなく、ゆりかもめやりんかい線が運転見合わせのとき、また緊急時にも役立つはずなので、覚えておいて損はないですよ!

記事掲載の各バスの情報は2016年5月現在のものです。
編集担当より
バスがこんなに便利だとは思ってもおらず、正直あなどってました。これからはガンガン利用します!

ABOUTこの記事をかいた人

asuka_xp

総合情報ブログ「め~んずスタジオ」と豊洲の地域情報サイト「とよすと」を運営する30代のブロガー。東京ディズニーリゾートやシネコンによく出没するほか、観光地や地方を旅しながらブログで生活しています。「シネマズ by 松竹」や「教えて!goo ITライフch」でライターとしても活動するほか、地域ギルドワーク「プラスムーブメント」に参加中。ディズニーとスマホと映画が大好き。