300万円の音響を体験!今まで聴いていたのは偽物でしたと言いたくなるレベル

onkyou

ども、ゆうせいです。家電量販店での勤務経験がある私ですが、オーディオに関してはほぼ素人です。しかし、そんな素人でも、「これは良い音だ」とハッキリくっきり、まるっとわかるイベントに参加してきました。

約300万円のサウンドシステムを体験

610_DSC_3481

参加したのは、五反田・大崎のコワーキングスペース「CONTENTZ」にて開催された、音楽視聴&トークイベント「LINN LOUNGE(リン・ラウンジ) presents THE KINKS(ザ・キンクス) 東京」です。

ここで約300万円の音響システムを体験してきたわけです。

(イベントの詳しい内容については、品川経済新聞にて公開されています。参考:五反田で音楽試聴トークイベント「リン・ラウンジ」 東京初、ザ・キンクスを特集 – 品川経済新聞

610_DSC_3458

このスピーカーが、1本約115万円。これを2本。(約230万円)

610_DSC_3428

そしてこのネットワークプレーヤーが約65万円。

合計して約300万円の音響システムというわけです。

「THE KINKS」を聴きながらまどろむ

610_DSC_3468

今回のイベントにてメインで聴かせてもらえたのが、会場となったCONTENTZを運営する有限会社ノオトの宮脇さん推薦の「The Kinks」(ザ・キンクス)。ビートルズ、ストーンズ、フーと並び、英国4大ロックバンドに数えられているそうです。

正直なところ、知りませんでしたが、曲を聴いたら知ってました!

聴いたことありますよね?
ヴァン・ヘイレンもカバーしていることで有名な曲です。

610_DSC_3483

そんな感じの名曲の数々を、スタジオマスター音源で、本当にありがたいことにスピーカーの目の前の位置で聴くことができたのです。

あ!

今、「スピーカーの目の前か、耳が痛くなりそうだな…」とか思いました?

これが、全く痛くなりませんでした。

以下、私の個人的感想です。

  • 大音量でも耳が痛くならない
  • いつも聴いてる曲とは思えない
  • こんな音が入っていたのか!

大音量といっても、無駄に低音だけ、高温だけが響くわけじゃないので、すごく心地よく耳に入ってくる感じ。ライブとかフェスとか、GIGとか行くとわかると思いますが、いつも聞いている感じと違いますよね?

会場の後ろの方にもきっちりと、まっすぐと音が届くあの感じです。今回のイベントでも、席を移動し、一番後ろでも聴いてみたのですが、違和感なくスーッと耳に届きました。

さらに、キンクスの後にB’zを聴かせてもらえたのですが、これが全ッ然ちがったんですよ!

今まで聴いてきたB’zとは何だったのか…
えっ!?こんな音が入っていたのか…
コーラスめっちゃキレイやん…

目からウロコじゃなくて、耳からウロコレベルの衝撃です。本当にいつもの曲?と何度も疑って、違うリミックスなんでしょ?とか業界人っぽいことを言いたくなるほど全ッ然ちがいました。

もはや、アーティストの方に申し訳なくなるくらいです。こだわってこだわって収録された音が、ここでやっと聴くことができたわけです。

いやぁ、T-BOLANも聴いてみたかったなぁ。

300万円は無理でも、そこそこのやつ買うべき

というわけで、音をテキストで表現することの難しさを改めて痛感しました。

「百聞は一見にしかず」ということわざがありますが、今回ばかりは「百見は一聞にしかず」でした。

300万円はちょっと無理だとしても、「LINN」でそこそこの音響システムを揃えたくなりました。

まずはビットエーのスピーカーを、ねぇ、社長。(届け…この想い…)

それではまた。
ご存知、ゆうせいでした。

イベントの詳細はこちらで

参考:五反田で音楽試聴トークイベント「リン・ラウンジ」 東京初、ザ・キンクスを特集 – 品川経済新聞

LINNの相談をするなら

GLANCE グランス