【レビュー】iPhone 6 Plusはやっぱデカイ!俺の全親指が泣いた

iphone6_revew00

どうも、やな☆ぎさわです。

先日、入手した話題のiPhone 6 Plusを数日使ってみて、思ったことを私なりにまとめましたので、ご紹介します。

iPhone 6 Plusを購入する際の参考になればと思います。

操作してみて思ったこと

率直な感想でいいますと、とにかく「でかい」「そしてでかい」「やはりでかい」の豪華三本立てです。

でかいのが良い悪いではありませんが、大きいがゆえに操作をしていて気になったことありました。

まず片手での操作は困難だった

iphone6_revew01
iphone6_revew01__

私は、5号球のサッカーボールを片手で持てるくらいの手なので、そこまで小さくないはずですが…片手操作は非常に厳しかったです。

片手モード(ホームボタンをダブルタッチ)があるのですが、結局横幅が届かないからその機能の恩恵を得られませんでした。縦も横も届きません。

写真では、一見届いているように見えますが、微妙に届きません。指がつりそうな感じになります。

落とす危険性がアップしたような

iphone6_revew02

大きくなって薄くなったiPhone 6 Plusですが、ホールド感が無い、つまり持った時手に残るようなグリップ感が無いので落としそうで怖いです。

おそらくそのうち、専用のカバーが色々と出てきて、手から滑って落としても平気なんてことになりそうですが、さらにでかくなるのかと思うと…。たのもしい存在です。

大きくなった画面はどうだ!?

iphone6_revew03

大きくて、大変見やすくなりました。

ですが、ドットバイドットでは無く、無理矢理伸ばしている感があったりするので、画像の伸縮が気になる人には、違和感があるかもしれません。

強いて言うなら、iPadでiPhone用のアプリを起動して、引き延ばして使うを選択したような感じです。

上のリンゴのイメージ画像のような見え方を想像してもらえればと思います。

参考の通り解像度を引き延ばしたり、縮小したりしているため、上記ようなことが起きているようです。
参考:http://gadget-shot.com/news/column/21082

アプリ側でUIは考えてくれるのか!?

今までは、iPhoneを片手で操作出来るものとして利用していました。

今回、この片手での操作を不能にしたのは痛いなと思います。

何故かと言うと、片手での操作を考えたUIというのが、アプリ側で、ちゃんと考えてくれるならまだしも、iPhone 6(not Plus)がある以上、どちらも対応したUIは難しいのではないかと思っています。

何にせよ、今の段階ではアプリ側のUIは、iPhone 6 Plusを片手で使うようにできていないという事ですね。

それを期待して買うと、げんなりするかもしれません。

Androidでは、このサイズ感のものが結構出てるので、負けずに対抗して、もうちょっとどうにかなってくれることを期待しています。

タブレット端末との差は!?

iPhone 6 Plusのような、大きいサイズのものが出てくると、iPad miniとの住み分けが難しくなってくるような気がしているのは、私だけでしょうか?

iPad miniがいらない、ということが起こりうるかもですね。

ですが、以下のレビューを見るかぎりタブレットにはなりきれないようです。
参考:http://blogos.com/article/94877/

使ってみて良かった所

何だかんだ、短所的なところばかりになっていますが、もちろん長所もございます。

少ないですが、正直に嬉しかった感想です。

電子書籍が読みやすい

iphone6_revew_moji04_

kindle等での電子書籍viewerとしては、とても見やすく、iPhone 5sだとちょっとなーと思っていましたが、このサイズ感であれば良いと思いました。

写真は、kindleで見た時の様子です。

左がiPhone 6 Plusで、文字の大きさは一番小さい設定にしています。

右がiPhone 5で、文字の大きさはデフォルト設定です。

iPhone 6 Plusでは、文字を一番小さく表示しているのにとても見やすく、iPhone 5に比べて、行数が6行多いので読める範囲が増します。

自慢できるぞー

iphone6_revew06

iPhone 6 Plusが届いてから、今まで会った人に、新しいiPhoneの大きい方というだけで、ある程度話題にできました。

まるで、可愛いワンちゃんを散歩しているだけで、自然と女子が寄ってくるあの感じに似ています。

写真が良くなったぞー

iphone6_revew05

カメラが良くなったことは、感動しております。

iPhone 6 Plus が5.5インチ1920 × 1080 (401ppi)となっており、iPhone 5 / 5s は4インチ1134 × 640 (326ppi)と画質が良くなりました。

左がiPhone 6 Plusで撮ったもので、右がiPhone 5で撮ったものになります。

色味が鮮明になったのと、ピントの精度がよりアップしたことが分かりました。

まとめ

買ったほうがいい人
  • 手がめっちゃ大きい
  • 電子書籍を読むことが多い
  • 写真がブレる
  • 写真が趣味だ
  • 話題の最先端にいたい
  • よくスマホをなくす
もう少し悩んでみた方がいい人
  • 手がめちゃ小さい
  • iPhone 5Sを使っている
  • iOS8が不安
  • ズボンのポケットが浅い
  • 世界最小が好き
  • そもそもAndoroid派だ

とりあえず、あんまりiPhone 6 / 6 Plusのスペックを、ほぼ見ずに買ったのですが、よーく見てみたら、正直画面サイズとカメラ以外ほとんど変わってないというのが本音です。

LTEの部分とか、802.11ac対応やNFCなど、そういうところの変化もありますが、正直iPhone 5sを使ってた人が頑張って機種変更をする意味があまり分からない気がしてます…。

電池の持ちについても、半年したらゴホンゴホン…って感じなのかなと…。

私は、リンゴ信者ですが、今回のiPhone 6 Plusはあまりかなーと。いうところです。

ですが、iOSのアップデートやアプリの対応などで、Appleはやってくれるはずです。これからに期待をしつつ、大きなあいつと仲良く歩んでいきます。

それでは、また。

不肖、やな☆ぎさわでした。

次回予告

話題のプロジェクションマッピングがまだ見れる、これから見れるスポット6選
kiji_feedly