Instagramで使える自分だけのキラキラフィルターをつくる方法

Instagram_filter_jisaku

はじめまして、インターン生の高木です。現在は大学3年生で、学校と家の往復の日々を送っています。

通学中の電車の中で、つい開いちゃうのが「Instagram」です。最近はキラキラフィルターで加工された写真がお気に入りで、思わず「いいね♡」を押しちゃいます。

hitomiさん(@hitominmin1118)が投稿した写真

キラキラ加工するアプリだと、

(※アプリは無料ですが、キラキラフィルターは有料)

などが有名ですね。

でも、キラキラフィルターって自分でつくれるって知ってました?

そこで今回は、自分だけのキラキラフィルターをつくる裏ワザについて書こうと思います!

まず、今回の裏ワザを使うことでこんな写真を撮ることができます。

アプリを使わずに、自分だけのキラキラフィルターを使って撮ってるんですよ。

加工前と比較して、すごく可愛くなって「いいね♡」を押してもらえそうですよね。

さっそく作り方をご紹介します。

自分だけのキラキラフィルターの作り方

Instagram_filter_jisaku00009

準備するものは、

透明のフィルム。(ポケットティッシュや、お菓子の包装のフィルムなどで十分です。)

Instagram_filter_jisaku00004

そして、キラキラ(ラメ)の入ったマニキュア。

Instagram_filter_jisaku00002

この2つだけです。

実際につくってみます

Instagram_filter_jisaku00013

フィルムを適当な大きさにします。この時、袋状になっているものは1枚になるようにしてください。

Instagram_filter_jisaku00021

次に、フィルムにマニキュアを塗ります。注意点としては、ドーナツ型にマニキュアを塗らないと、ピンぼけしてキレイに撮影できなくなります。

Instagram_filter_jisaku00026 Instagram_filter_jisaku00029

スマホのレンズくらいのスペースをつくるのがコツです。

たったこれだけで完成です。

すごく簡単ですよね。

フィルターを使って撮ってみた

冒頭でもご紹介しましたが、マニキュアのボトルもこんなに可愛くなります。

自作フィルターを使って撮影

一眼レフも撮ってみました。

Instagram_filter_jisaku00049

なんか可愛くなるから不思議です。

さて、テストが済みましたので、本番撮影に行きたいと思います。

Instagram_filter_jisaku00033

被写体はこちら。

Instagram_filter_jisaku00035

ワンピースでお馴染みの、

黄猿こと「ボルサリーノ」です。

Instagram_filter_jisaku00042

自作したキラキラフィルターをうまく重ねて…

Instagram_filter_jisaku00039


  
  
  
……
  
  
  
………
  
  
  

撮れました!

少しうつむき加減のボルちゃん。

少しうつむき加減のボルちゃん。

まっすぐ私を見つめるボルちゃん

まっすぐ私を見つめるボルちゃん

キタキツネを呼んでるボルちゃん

キタキツネを呼んでるボルちゃん

トイレに間に合ってホッとしているボルちゃん。

トイレに間に合ってホッとしているボルちゃん。

バイバイ、また遊ぼうね。

バイバイ、また遊ぼうね。

注意してほしいこと

Instagram_filter_jisaku00048

レンズにフィルターが直接かからないようにしないと、ただのピンぼけ写真になっちゃうので注意です。

さいごに

Instagram_filter_jisaku00043

というわけで、Instagramで大活躍するキラキラフィルターを自分でつくる方法をお伝えしました。

少し手間はかかりますが、

  • 家にあるもので作れる
  • 試しにキラキラ加工をやってみたい!という願いも叶う
  • ピンクや水色のキラキラなど、アプリにない加工もできちゃう!
  • 「いいね♡」が増えるかも!

というメリットがついてきます!

いろんなマニキュアで自分だけのフィルターをつくってみると面白いですよ。

こちらの記事もあわせてどうぞ

Instagramの投稿をTwitterに画像付きで自動投稿させる方法

ABOUTこの記事をかいた人

takagi

現在、インターン生として働かせていただいている高木です!今は3年生で、毎日千葉、埼玉、東京を行ったり来たりしながら過ごしています。趣味は水泳と食べることで、おいしいものを食べるために、泳いでおなかを空かせるというのが最近の生活です。どんどんおいしいお店を発掘していきたいなと思います!