女の子だって足は臭くなる!女子の女子による女子のための足の臭い対策

こんにちは、インターン生の高木です! いま大学3年生で、就活でスーツを着る機会も増えてきました!スーツを着ると何故か気持ちが引き締まるから不思議ですよね。でも、それに伴って、ある悩みが出てきました…

それは…足の臭いです!

どうして革靴を履くと、急にあんなに足が臭くなるんでしょうか…
男子も顔負けの臭さが、女子大生の足から…

同じ悩みを抱えている人も、たくさんいるんじゃないかなと思います。

そこで今回は、女の子のための足の臭い撃退法を書いていきたいと思います。

足を臭くしている原因をつかめ!

ashikusa_danball

どうして足が臭くなるの?

そもそも足が臭くなる原因は、足に多くあるバクテリアなどの菌が高温多湿の環境で多く繁殖し、それが元で発生するイソ吉草酸のせいです。( “いそきちくささん” ではなく、 “いそきっそうさん” と読みます。)

足の臭いは、汗が臭っているとか、雑菌が臭っているという認識がある人もいるかもしれませんが、正確には雑菌が古い皮脂や角質を分解した時にできる「イソ吉草酸」という物質が臭っています。 引用:足の臭いと雑菌の関係|メンズスキンケア大学

つまり、足の汗そのものが原因ではなく、汗から繁殖した菌から発生するイソ吉草酸のしわざだったのです。

さあ、原因が分かればあとは対策するだけです!

  1. 菌の発生を防ぐため、靴が高温多湿にある状況を減らす
  2. イソ吉草酸は酸性なので、アルカリ性のもので対処する

この2つの対策で、臭い足とはさよならしましょう!

臭い足にさよならする有効な対策2つ

1. 革靴を2足用意して多湿を防止

kutsu2soku2

イソ吉草酸の元となる雑菌はジメジメしている場所が大好き。なので、繁殖させないために、とにかく靴を乾燥させることが大切です!

毎日同じ靴を履いてしまうと、昨日の汗が靴にしみ込んで、乾ききっていないままもう一度履くことになってしまいます。これは、生乾きの洋服を毎日着ているのと同じ! そう考えると耐えられないですよね?

これを防ぐために、革靴は最低2足用意して、ローテーションで履くことをおすすめします!

2. 弱酸性のイソ吉草酸に弱アルカリ性の重曹で対策する

重曹は、臭いの予防にも、臭ってしまってからの後処理にも、そして気になった時に外出先でも使えるスーパーグッズです!

2-1. 重曹の足湯で臭いを中和させる

無題

お風呂場や洗面台など、自宅で簡単にできます。用意するものは、重曹とぬるま湯と桶だけ!

  1. ぬるま湯1Lを用意
  2. その中に、重曹大さじ3杯を入れる
  3. よく混ぜて、その中に足を10~15分間つけておく

これだけです!

これだけで本当に効くの?と思う方もいるかもしれませんが、イソ吉草酸が弱酸性なのに対して、重曹は弱アルカリ性のため、臭いを中和させる効果があるそうです。

2-2. 後処理としての重曹消臭剤

用意するものは、重曹と使い古した靴下だけ。

  1. 靴下(またはストッキングなど)に重曹を詰める
  2. 脱いだ靴の中につめておく

これだけ!とっても簡単!
次に履くときには、臭いはだいぶ薄れてますよ。

2-3.持ち運び可能な重曹スプレー

ashi_no_nioi005

外出先や移動中で、「えっ!? 私の足、臭ってる?」なんて時、靴下やストッキングの上から足にひとふきするだけで、一時的ににおいを抑えられます。

  1. ぬるま湯100mlを用意する
  2. その中に、重曹小さじ1を入れてよく振る
  3. スプレーボトルに入れて完成!

これを一つ作っておけば、持ち運びもできて、気になるときにいつでも消臭出来ちゃいます!

それでも足が臭い!というあなたに

上記の対策を試してみても足が臭いという方に、とっておきの方法をお伝えします。

必殺アイテム、「菌ピタ君」です。

これは、私が試してきたインソールの中で一番効果がありました。中敷きタイプの消臭グッズで、備長竹炭を使用しているので、1日おきで使えば、半永久的に効果を実感することができます!

ただ、サイズを間違えても生地が硬くてハサミでは切れないので、きちんと自分に合ったサイズを買うことが大切です。

さいごに

ashi_no_nioi_eye

女の子だって、足は臭くなります。だけど、臭いままじゃいられないですよね。簡単に防ぐことができますので、ぜひお試しください〜

ABOUTこの記事をかいた人

takagi

現在、インターン生として働かせていただいている高木です!今は3年生で、毎日千葉、埼玉、東京を行ったり来たりしながら過ごしています。趣味は水泳と食べることで、おいしいものを食べるために、泳いでおなかを空かせるというのが最近の生活です。どんどんおいしいお店を発掘していきたいなと思います!