発想と実装の 間 をつなぐメディア

BITA デジマラボが機械学習を用いた『アイドルTwitterアカウント運用代行実証実験』に参画

唐突ですが、SNS運用ってなんだかんだ結構大変ですよね。

今やユーザーとのメインエンゲージメントポイントの1つですし、下手なこと書いて炎上…なんてリスクもあったりなかったり。

なので、完全な代行…とまでは言わずとも、例えば『その人らしさ』を過去Tweetから機械学習 ⇒ 『○○っぽい書き方で言いたいことを上手くまとめる』みたいなことができないもんかなー…とか考えたんですね。

で・・・やってみました。

機械学習でできるかやってみよう!という実証実験

まぁ、そこからはいつものデジマラボのノリです。

  • SNS運用代行サービスもたくさんあるけど、あれはアレで高いし管理大変
  • もちろん各人が気をつければ良いけど、人間だしリスクはゼロじゃない
  • ・・・?じゃあ『人間じゃない』ならイケるんじゃないか?

対象となる人物の過去Tweetをディープラーニングで学習。口調や書き出しパターン、言い回しなどを重み付けして、そこからさらに対象の口調や投下時間、絵文字の配列や内容を学習させました。

で、本人のTweetを上手いことマネた文章をある程度意図通りに生成できるAI Twitter botを作成。実際に動かしてみました。

参画していただいたのはなんと現役アイドル、PREDIANNAの侑杏(ゆあ)さん


PREDIANNA:平均年齢14歳のガールズユニット。2015年4月15日にデビューシングル「TRAP」をリリースしフジテレビ系「ミューサタ」エンディングテーマに抜擢。2015年には「SUMMER SONIC 2015」出演。デビューCD「DESTROY」でオリコンデイリー15位、ウィークリー24位、インディーズウィークリー2位を獲得。(※ちなみに侑杏さんは左から二番目の方)

ファンの方々にはなんというか本当申し訳ない… て話ですが、『 ” 本人らしさ ” をAIが学習し演じることができるのかどうか?』という実験に今回賛同いただいた。という感じですね。侑杏さんありがとうございます。

で、実際にディープラーニングの結果 生成されたTweet文章はこんな感じ。

改行の位置がちょっと少なめ?と、見比べればわかるものの、ライブ前後には感想やワクワク感などを出力していて、ちょっと見分けがつかない感じ。

(※実際ファンの方のみならず開発側すら『あれ?ちゃんとbot動いてる?本人書いてない?』と混乱してしまったほど。)

こちらはなんとまだ稼働中。なので、ご本人のアカウントを見ていただければ確認が可能です。ぜひフォローしてくださいな。

構造はシンプルにしつつ汎用性を高めた『短文オーダー』仕様で文章生成を設計

今回も、以前大きな話題となった『AI記者』と同様データセクション株式会社さんが実際の開発を担当。僕らビットエーのデジマラボチームは全体プロデュースとデータ設計部分などを担当させていただきました。

AI記者エンジンに「日本語としてありえる単語のつながり」を学習させ、そこから単純に文章を生成してしまうと、それっぽいんだけど意味の無い文章の羅列になりやすい。

ので、今回は『おはよう』『疲れた』『明日はライブ』など。極めて短い文章を命令文とし、”全体として命令文と同様の意味合いを持つ数十文字程度のTweet文を自動生成” するよう設計しています。

つまり『人が要点を指示』する形。

なので、ある程度人による監修が必要にはなっていますが、その分 MS tey なんかの事例に見るような「管理不能で何言い出すかわからない」という難点をすり抜けられる構造にしてある感じですね。

開発チーム体制について

今回はHAKUHODO THE DAY株式会社ニューピースBITA デジマラボチームで企画・設計、エンジン部分はデータセクション株式会社…ってな座組でした。

可能であれば自撮り写真を自動生成して『自撮らないけど自撮ってる』みたいな事もやってみたかったんですが、こちらは今回テストまで。

開発は進んでいるので、ひとまず次回…ですかね。難しい…

※以下はGANによる実験段階の自動生成『自撮らない自撮り写真』サンプル

今後の可能性についてのマジメな話

実際運用してみた期間はわずか数週間。技術的な実証実験…てな意味合いの強い試みでしたが、改めて感じたのは「その人らしさを学習しその人を演じる」というアクションは、AI設計において『実はあまり難しくない』ということ。

これはもしかすると『芸能やエンタメなどのジャンルでも機械学習って役に立つかも?』という1つの可能性を見れたような気がしています。

  • 例えば『作詞家のクセ』を学習したり
  • それこそ楽曲そのものを○○風にしあげたり
  • やりとりまで学習してファンとの交流を勝手に広げたり…?

ちょっと前なら『日本語はそういうの難しくて…』なんて言われていたジャンルにも、ようやく手を出せる企画として見えてきた?という印象ですかね。

我々デジマラボも、まだまだ見えにくい可能性に次々トライできるよう、あっちゃこっちゃ手を出していきたいな思っています。

こんなんやってみたい!という突拍子もない発想をお持ちの方、問い合わせでも求人応募でも、お待ちしております。

ではまたー。

>> 本件のプレスリリースはこちら

デジマラボ 編集部 by
BITAデジマラボ編集部です。最新Tech界隈の「なんかすごいね」を、『現場の提案』にするための情報をけっこうがんばってお送りします。
mautic is open source marketing automation