発想と実装の間をつなぐ AI:人工知能特化型メディア

自動運転ロボットがデリバリー。宅配ロボット“Starship”がラストワンマイルを変える

昨今話題になっている、配送業者の労働過多問題。クロネコヤマトがAmazonの当日配送から撤退したことで、宅配業界の抱える問題が一気に浮き彫りになりました。

この問題を解決できそうな配送ロボットが世界的に注目されています。

今回はエストニア発、Starship technologiesのロボットを紹介します。

Starship technologiesとは?

Starship Technologiesは、2014年にエストニアで設立されたスタートアップ。自走式小型宅配ロボット「Starship robot」を開発しています。

現在は、イギリス、ドイツを中心としたヨーロッパ圏とアメリカで、本格的な実用化に向けた実証実験をおこなっているとのこと。

ラジコンみたいでカワイイ。人の多い所で実験しているようですが、動きは思いのほかスムーズ。ボコボコな歩道で、ここまでスイスイいくと見ていて気持ちいいですね。

スマホで管理、意外とハイスペック

Starship robotの基本仕様は以下のようになっています。

  • 重量:20kg
  • 最大積載量:10kg
  • 本体サイズ:全長約69cm、幅約56cm、高さ約56cm
  • 積荷サイズ:全長約41cm、幅約34cm、高さ約33cm
  • 移動速度:6km/h(最高16km/h)
  • 行動範囲:半径3km
  • センサー:GPS、360°カメラ、超音波レーダー

見た感じ小さそうですがけっこうな量の荷物を運べるようです。行動範囲も宅配なら十分な距離。自動運転のキモといえるセンサーも、複数個組み込まれています。Starship robotは歩道を進むようですが、速度制限やセンサーの充実度に歩行者への配慮が見えますね。


気になる活用フロー

イギリスのフードデリバリー大手「Just Eat」の例を見てみると、活用法はほとんど現行のデリバリーと変わりません。

  1. 注文側:いつも通り注文する
  2. お店側:料理をStarship robotに積み込む。
  3. 注文側:SMSで送られてきたURLから料理の現在地がトラッキングできる。
  4. 注文側:robotが到着したらパスワードを入力。料理を受け取る。

注文側にもお店側にも手順の変化はほとんどなさそう。

料理を運ぶのが人からロボットに変わっただけな感じがします。デリバリーが高い理由は宅配者の人件費なので、そこが削減できればお客もお店もWin-Winですね。

スーパーマーケットが商品のデリバリーに活用したり、郵便局が郵便物を送るのに活用したりしているとのことなので、汎用性も高そうです。

将来的には1デリバリー1ドルぐらいになる?

肝心の価格は、配達回数に応じて使用料を支払う形式と、月額で支払う形式を採用しているため、公開していないのだそう。

現在の利用料は不明ですが、将来的に、1デリバリーあたり1ドルほどの低コストを目指しているとのこと。

日本にはデリバリー文化があまりないですが、安く届けられるようであれば人気になっていきそうですね!

セキュリティ上の問題は?故障したときどうするの?Q&A

動画をみる限り、小さくてすぐ盗まれちゃいそうですよね。それに、自動運転なので万が一故障したらどうしようもなさそう。

盗難や故障などに関して、Q&Aに対策が明記されていました。一部を抜粋して紹介します。

Q. ロボットがデリバリーしても安全なの?

A. ロボットがお客さまに到着するまで荷物入れは開かないようになっています。荷物入れを開くにはお客さま自身がスマートフォンで認証する必要があります。
さらに、ロボットには9個のカメラと、音声通信システムがついており、持ち上げられたり、細工をされた時には自動でサイレンが鳴るようになっています。GPSでの位置情報も常時取得しています。

Q. 実証実験中に盗まれそうになったことはないの?

A. 5万km以上の走行実績がありますが、盗まれそうになったことはありません。今後、盗難が起こる可能性はありますが,盗難に対する備えとして、多数のセンサーやカメラを搭載しています。

Q. ロボットが故障したらどうするの?

A. 万が一故障した次第、サポートチームが回収に向かいます。また、ロボット自体は自動停止します。

Q&Aをみる限り、荷物へのセキュリティは問題なさそうですが、故障したときの対応に不安が残りますね。少なくとも、全国的に導入するとなったら回収自体が難しくなりそうです。
サポート網の構築がこれからの課題ですね。

配達業界の問題を解決。自動運転ロボットの社会インフラ化の先駆けに。

実証実験をみる限り、宅配需要の高いエリアではどんどん導入が進みそう。

自動運転車に比べ、命に関わる重大な事故には繋がらなそうですし、一般人の自動運転に対する価値観が変わるチャンスかも。

ロボットが社会インフラ化して、宅配業界の抱える問題が解決される日が楽しみです。

小出 拓也 by
イギリスでの大学生活を経て、日本へ。最新テクノロジーを取り入れた生活にとにかくはまっている。日本語でも英語でも滑舌はよくないが、気合いで乗りきるタイプ。