発想と実装の 間 をつなぐメディア

MS FLOWがさらに進化!GmailとTextAnalytics、LUISの追加で業務自動化が加速するッ…!

はい。もうなんかタイトルまんまですが、以前デジマラボでも紹介したMicrosoftのツール連携型 業務フロー自動化ツール『FLOWが、しばらく見ないうちに結構思いっきり進化してました。

もはや手放せないメールツールの金字塔「Gmail」と、MSの自然言語解析AI「LUIS、そして同じくMSの非構造化テキスト分析エンジン「Text Analyticsが追加されてたんです。いつの間にか(@2017/2/7っぽいです)

20ツール強を追加し全110種連携に!これは一気に「使える」ようになる…か?

あれもこれもつなげて自動化できる!けど、なんか大事なところで手が届かない…。

って感じだったMS FLOWですが、今回のアップデートでかなり全体として充実した印象です。

以前から連携していたツールにはテンプレートの大幅な増加がされてましたし、なにより「やっとかお前!」て感じの Gmail とのフル連携。

ここに、Microsoftが全力開発中(まだ日本語版本体自体がプレビュー版)Text Analytics との連携が加わって、さらに自然言語解析エンジン「LUIS」との連携が走る…と。

いやはや、なんか面白くなってきましたね。

あと、これまた地味に追加されていた『Microsoft Translator』も嬉しい限り。

気になるGmailの取得可能アクションと連携テンプレートについて

Gmail連携用に現在公開されているテンプレートを見つつちょっといじってみましたが、どうやら以下の行動に紐付けてトリガー発火が可能な感じ。

現在取得可能なGmailアクション

  • メールの送受信・削除
  • [重要] などのタグ付けアクション
  • 特定ラベルの判別と付与メールの送受信
  • 添付ファイルを持ったメールの送受信

現在は「メール受信をSlackで通知」や「添付ファイルを自動的に任意のGoogleDriveフォルダに保存」、「重要なメールが来たら自動で確認タスクをTodoistに追加」「一定の条件を満たしたメールをメーリングリストに転送」などのテンプレートが既に公開中。

もちろん、自分でカスタマイズして作ることも可能。これは業務自動化が捗りますね。

Text AnalyticsとLUIS連携で何ができる?何が起こる?

こちらもシレッと追加されてましたが、自然言語解析系のAIエンジンであるText AnalyticsLUISが、複雑な手続きなくGUIで連携できるようになった…てのも、まぁ中々にビッグなニュースかなと。

まだLUISのテンプレート公開はされていないようですが、公開済みのText Analyticsテンプレートは既に以下のような充実っぷりです。

さらにここにLUISも入ってくるとなると…夢が広がります。

とりあえずSNS反応分析系サービスは涙目かも。 ですね。

それこそ『個人用メールbot』なんて感じのものも自前で作れたり…するんですかね?楽しみです。

ではまたー。

デジマラボ 編集部 by
BITAデジマラボ編集部です。最新Tech界隈の「なんかすごいね」を、『現場の提案』にするための情報をけっこうがんばってお送りします。