発想と実装の間をつなぐ AI:人工知能特化型メディア

東大松尾教授が中心となり日本ディープラーニング協会が設立。シンポジウムで語られた「DLに注力すべき理由」

2017年10月4日、本日ディープラーニングを事業の核とする企業およびディープラーニングに関わる研究者が中心となり「日本ディープラーニング協会」(英称:Japan Deep Learning Association)を設立したことが発表されました。

構成するメンバーはそうそうたる方々。

理事会会員(五十音順)
理事長 :松尾 豊   東京大学大学院工学系研究科 特任准教授 
理事※ :井﨑武士   エヌビディア合同会社 エンタープライズ事業部長
上野山勝也 株式会社PKSHA Technology 代表取締役
岡田 陽介  株式会社ABEJA 代表取締役CEO
岡谷 貴之 東北大学 情報科学研究科 教授
尾形 哲也  早稲田大学基幹理工学部表現工学科 教授
川上 登福  株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス 代表取締役CEO
草野 隆史  株式会社ブレインパッド 代表取締役会長
佐藤聡 株式会社クロスコンパス代表取締役社長
南野 充則   株式会社FiNC 取締役 CTO

監事 :渡辺 英治  渡辺税理士事務所   
事務局長 :岡田 隆太朗
※一部就任予定者を含む

正会員(アルファベット表記順)
株式会社ABEJA
株式会社ブレインパッド 
株式会社FiNC 
株式会社 GRID
株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス
エヌビディア合同会社 
株式会社PKSHA Technology 
株式会社 STANDARD
株式会社 UEI
株式会社クロスコンパス
株式会社 zerotoone

有識者会員(五十音順)
浅川 伸一 東京女子大学情報処理センター 博士
江間 有沙 東京大学 教養教育高度化機構 特任講師
岡谷貴之 東北大学大学院 情報科学研究科教授
尾形 哲也 早稲田大学基幹理工学部表現工学科 教授
巣籠 悠輔 株式会社情報医療 最高技術責任者/東京大学大学院 工学系研究科 招聘講師
中嶋 浩平 東京大学大学院情報理工学系研究科 特任准教授
松尾豊 東京大学大学院工学系研究科 特任准教授

賛助会員
トヨタ自動車株式会社

本日は設立発表シンポジウムも行われたのですが、たった5日前の告知だったにもかかわらず、会場は満員。改めて注目の高さが伺えました。

シンポジウムの中身を抜粋して少しだけお伝えします。

DLはシステムの眼。眼をもった機械のカンブリア爆発が起きる

松尾教授からは、DLの概略やなぜここでやる必要があるのか?ということについて説明がありました。

IVLCの画像認識で2015年2月には人間の精度を超えたことを挙げ、人の眼を使ってやっている仕事が自動化できるようになるビジネスインパクトの大きさについて改めて語られました。

―松尾
技術は基本的には連続的なものなので、急激にできることはかわらないんですね。
ただ、DLの領域では、破壊的な変化、不連続的な変化が起きています。

生物が眼をもつことによって、爆発的に進化や発展が進んだことを例に出し、DLによってシステムも「眼」を得ることになるので、大きく進化するとのこと。

―松尾
世界の時価総額トップの企業はITの新興企業です。
ただ、日本ではTOYOTAですら29位。これは壊滅状態です。

DLはものづくりと組み合わせたときに潜在的な力がでるので、日本でも戦える領域だとは思っています。

だからこそ、日本の産業競争力を上げるために、DLを使える人材をいかに早く多く作れるかが、重要なんだとか。

協会の設立が、そこにつながれば……という締めくくりました。

協会が資格を用意して人材育成も

事務局長の岡田さんからは、協会の概要についての説明がありました。

活動の内容としては大きく以下の5つです。

  1. 産業活用促進
  2. 公的機関や産業への提言
  3. 人材育成
  4. 国際連携
  5. 社会との対話

―岡田
DLはあらゆるものに適応できますが、課題もあります。

といってあげたのは以下の3点。

  • ノウハウ不足
  • 事業者不足
  • スケール不足

―岡田
DL人材は、2020年までに4.8万人足りなくなると言われています。需要と供給のバランスがあっていないんですね。

そこには学習項目の未体系化の問題があるんだそう。そこを解決するために、ディープラーニング協会では、2つの試験を用意し、人材教育を行っていくという発表がありました。

それぞれの詳細は以下です。

G検定(ジェネラリスト検定)

  • 名称 JDLA Deep Learning for GENERAL 2017
  • 概要 ディープラーニングを事業に活かすための知識を有しているかを検定する
  • 受験資格 制限なし 
  • 試験概要 120分、知識問題(多肢選択式)、オンライン実施(自宅受験)
  • 出題問題 シラバスより出題(推薦図書あり)
  • 受験料 12,960円(税込)程度(初回 学生9,720円)
  • 初回試験 12月16日(土)13時~15時
  • 申込期間 11月17日(金)~12月9日(土)

E資格(エンジニア資格)

  • 名称 JDLA Deep Learning for ENGINEER 2017
  • 概要 ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する
  • 受験資格 JDLA認定プログラムを修了していること
  • 試験概要 会場試験(初回は東京・大阪)、知識問題(多肢選択式)と実技試験で構成
  • 出題問題 シラバスより、JDLA認定プログラム※修了レベルの問題
    使用フレームワーク、ライブラリに依存しない問題を出題
  • 受験料   32,400円(税込/予定)
  • 初回試験 2018年4月頃予定

日本は海外勢に勝てるのか

シンポジウムの中では、日本と海外の違いにも触れられました。日本はだいぶ遅れている……というネガティブなコメントもあがっていましたが、だからこそこのタイミングで大きく仕掛けることが重要だと。

こういった流れは、産業全体も盛り上がるとは思うのですが、ちゃんと組織だって運営するのも難しいのも正直なところ。デジマラボとしても産業が盛り上がるように引き続き情報を発信していきたいと思っています。

デジマラボ 編集部 by
BITAデジマラボ編集部です。最新Tech界隈の「なんかすごいね」を、『現場の提案』にするための情報をけっこうがんばってお送りします。