発想と実装の間をつなぐ AI:人工知能特化型メディア

Google無双が止まらない。GA連携型A/Bテストツール『Google Optimize (beta)』無償版開放へ

Google Analytics「次はA/Bテストを無料にする」

はい。またしても唐突な無償版発表です。。

つい先日、AIによる指標指示機能『Analytics Assistant』のリリースで業界を騒然とさせた我らがGoogle先生ですが、さらなる衝撃リリースをぶっ込んできました。

画面上でUIパターンをかんたん作成・編集可能で、しかもGA連携でセグメント設定までOKな有料版GAの限定機能、『Optimize 360』の無償版を出すよ!という告知が、突如公開されたんです。

そもそも Optimize360 とは?無料版『Google Optimize (beta)』が出ると何がどうなる?

『Optimize360』とは、(そこそこ高額なので国内で使ってる企業そんな多くないですが)要はブラウザ上で画面上のUIをイジってA/Bテストを実行できる人気ツール『Optimizely』のGoogle版みたいなもの。

ざっくりまとめると

  • 専用タグを埋めた対象のページURLを入れて
  • 表示された画面をChromeデベロッパーツールなノリ(あれよりもっと直感的)でいじって
  • 元のバージョンといじったバージョンとでA/Bテストが回せる
  • もちろんトラフィックデータも取れるのでPDCAぐるぐるまわる。便利。

とかそんな感じのツールです。

で、これ。今までは月額10,000ドル~とかする有料版GA『Google Analytics 360 suite』のみに搭載された機能だったんですね。

これを「無料で使えるようにするよ」という今回のリリース。どうやらGoogleさんは『本格的なA/Bテストも無料でできる時代にするわ』と宣言するみたいですね。

なんとも ”らしい” ニュースリリースですが、実は今のところ具体的な機能(どこまで無償版に開放されるのか?など)は色々シークレットな状態です。

現在『事前登録受付中』とのことですので、気になった方もそうでない方も、とりあえず登録しておくのが吉かなと。

予想されうる未来について

さて、今回のリリースと先日のAnalytics assistant 公開、そしてそこにGAがもともと持っている強力なセグメント機能が加わり、無料で、誰もが当たり前に高度なPDCAを回せるようになったとしたら。

この先webマーケな業界って一体どーなっていくんでしょう?

全く他人事ではないんですが、どう考えてもwebコンサル、ディレクター、web担と呼ばれる職種は、間違いなくその在り方を変えていくはず。

だって『人間より早く正確な指摘』に基づいて判断し、『ユーザーシチュエーション別に切り分けた細かなA/Bテスト』が、そこまで手間をかけずに回せるようになるってことなんですから。

これまでのようにユーザーの行動シーケンスから『今どうか?』を調べて何とかする仕事から、『これからどうするか?』から発想する仕事へ。

より未来へ向いた思考になっていかないと。ですね。

ではまたー。

デジマラボ 編集部 by
BITAデジマラボ編集部です。最新Tech界隈の「なんかすごいね」を、『現場の提案』にするための情報をけっこうがんばってお送りします。