発想と実装の 間 をつなぐメディア

Google Analyticsの本気。AIによる無料アドバイス機能『Analytics Assistant』の衝撃

案の定です。想定通りです。そしてやっぱり完全無料です。

先日の『Google I/O 2016』で、Googleは本格的に「AI:人工知能使って色々やっていくよー!」と高らかに宣言したわけですが、やっぱり来ました。

GoogleアナリティクスへのAssistant機能提供です。

Google 純正AIが無料で診断&アドバイスしてくれるAnalytics Appの新タブ『Assistant』

まずは手始めに。ということなのか、Android&iOS版オンリーでの提供となりましたが、すでに提供が開始されています。

現状は英語版Googleアナリティクスアプリのみの提供ですが、日本国内からでもOSの設定言語を英語に変えればすぐに利用可能。

現状確認されているものとしては、どうやら以下のような感じでアドバイスをくれるっぽいですね。

  • 先月と比較しての新規ユーザーこんくらい増えてるよ
  • この画面、パフォーマンス(CVR連結)落ちてるよ
  • ○○の経路で来てるユーザーの購入率が上がってるよ
  • リピートユーザーのCV達成率、先週と比較するとこんな感じ
  • なんか急にたくさん見られる(買われる)ページが出てきたよ!
  • ちょっとこの画面読み込み速度急に落ちてるけど大丈夫?

現段階では、『詳細なレポートデータを作る人間の手間を軽くする』というより『意思決定者がザクッとみて即断できるため』というのがメインの使い方になりそうですね。

が、ぶっちゃけこれが瞬時&リアルタイムで分かるということは・・・

「○○経由のCVが急に伸びてる?なんだっけ?…なるほどこれか。じゃあ○○系の広告出稿ちょっと増やしとくか」

みたいな決断が即時可能になるということ。

以下に実際のアドバイスレポートを抜粋して並べてみましたが、なかなかシンプルでわかりやすいつくりになってます。


一言アドバイス + グラフもしくは一言レポート + 詳細レポートへの導線。といった形で出てくる模様。これだけでも「どのレポート見ればいいのかわからない!」みたいな悩みは激減しそうですね。

例えば「なんかいつもより急に売れてる商品」「CVRが高く費用対効果の高い広告」をほぼリアルタイムで確認 ⇒ 速攻で意思決定ができるようにするため。てな使い方を期待してる様子。

ちなみに、Google公式リリース曰く

Gets smarter over time by reacting to your feedback and how you use it.
―お客様からのフィードバックや利用状況を踏まえて、時間が経つにつれて性能を高めます。

とのことなので、当然のようにAIによる学習が進捗 ⇒ 今後どんどん賢く的確なアドバイスをくれる頭脳に。ということなんでしょう。

いわゆる「アクセス解析代行します!」とか「制作ついでに解析もやっちゃいます!」程度の企業やサービスはバタバタ倒れていきそうな感じがしますが、それはそれとして超楽しみです。

今スグとりあえずデモで使ってみる方法

ひとまず『なんでもいいから使ってみたい!』という方は、上述した通りOSの設定画面から言語設定を英語にするだけでOK。

が、既存のアカウントでやらかすのは怖いなぁ…という方や、『使ってみたいけど企業プロパティで試すのとかはちょっと…』という方は以下の方法がおススメです。

好き勝手にいじれるGAプロパティが無い場合

  • Googleアカウントを新規で作成
  • 言語をEnglish(国:United States)に設定してアナリティクスアカウントを作成
  • GAデモプロパティをGoogleアナリティクス追加
  • スマホの言語設定を英語に変更

まだまだこれからの機能ですが、Googleがいよいよ本気出してきた感あってワクワクしますよね。

ぜひいじくってみてください。

デジマラボ 編集部 by
BITAデジマラボ編集部です。最新Tech界隈の「なんかすごいね」を、『現場の提案』にするための情報をけっこうがんばってお送りします。
mautic is open source marketing automation