発想と実装の間をつなぐ AI:人工知能特化型メディア

より鮮明なバーチャルリアリティを求めて

この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。デジマラボ編集部で編集したものです。

バーチャルリアリティーの技術は、完成形とは行かないまでも以前に比べて格段に進化している。
PCが出来うる限りのリアルが追及されており、ひょっとすると人間と同等の表現力を有しているかもしれない。

精密な景色を実現するには

今のバーチャルリアリティーの技術がもうあと少し進展すれば、ユーザーの動作情報をキャッチして、自宅で古代ローマを旅したりするなんてことも可能になるだろう。
今日の研究者らはバーチャルリアリティー技術を用いて、このような最高にリアルな3Dワールドを作成することを目指している。

ソフトウェアにリアルな世界観をモデリングする際には、特殊なインターフェース機器の揃った環境が必要だ。言い換えると、PCおよびその周辺機器が、出来るだけ鮮明な世界を投影することが必要だということである。

バーチャルリアリティに没頭してもらうこと

技術的な問題に加えてもう一つ重要なことがある。ユーザーが仮想空間に没頭することだ。
ユーザーが仮想空間に完全に入り込んでいると認識している状態を”telepresence”という。

仮想空間におけるこの”telepresence”という状況は、動作と周辺情報を相互作用させることと同じくらい、バーチャルリアリティー技術の進展のカギになるものである。
うまく”telepresence”の状態に持っていければ、ユーザーは現実世界から脱して晴れて仮想空間の住民になることができるというわけだ。

触覚を支配することがリアリティー追及のカギ

さて、”telepresence”という状態を実現させるためには、画質と音質が最も重要視されているが、もうひとつ重要な要素がある。触覚に働きかけるということだ。
何人かの研究者はこの触覚への働きかけに注目していて、ハプティックシステムなるものを作り出した。
ハプティックシステムというのは、ユーザーが仮想空間で何かに触れたとき、それに対応する感覚をフィードバックするというものである。
たとえば、ユーザーが仮想空間でゴルフクラブを握ったとすれば、ユーザーは自身の手にきちんとその感覚を感じることができるのだ。

当然、この触覚からのアプローチもユーザーを、”telepresence”の状態にもっていく有効な手段のひとつとなっている。

AIが生成した原文

To state that virtual reality technology has finally arrived would not very be correct, but it is closer than ever before. Virtual reality technology had our fantasies and is attempting to make them real-or at least, as real as a pc can simulate. That you can stand in your very own family room and take a virtual tour of historical Rome, or have your swing action examined is only short of a technological miracle. Today’s researchers are working on creating the most realistic 3D simulated worlds they could, using virtual reality technology. Along with special interfacing peripherals, are effective at modeling any surroundings written into its software.

Basically, the demands for this type of simulated environment need that the pc and its own peripherals be able to project a 3D globe that talks about real as possible to the user. It is also essential that the software be able to track the user’s motions, using that information to adjust the surroundings accordingly, to give the user a feeling of total concentration in his virtual surroundings. The amount to which a user feels totally submerged in the virtual surroundings is called telepresence. Along with having the ability to interact with the surroundings, telepresence in virtual reality technology it is the standard through which this progress is quantified.

A successful telepresence may give the user a feeling that he’s no longer in his own world, and may have to cooperate and communicate with his new environment. Image resolution and sound quality are the main systems with the most concentrate on them in virtual reality technology. There are researchers working on other sensory feedback systems. User force feedback, known as haptic systems, it is the event whereupon a user may touch base and touch a virtual object and receive computerized feedback that really makes the user feel a corresponding sensation. This is the latest element of improvement in the virtual reality technology world. For instance about that swing action analysis we mentioned earlier. Using a real golf club, the user believes it in his hands, but what he sees, when he talks about it, may be a virtual manifestation of the golf club. That’s one way researchers are using haptic systems to give the sensation of complete immersion into a 3D world.

DML-Articoolo no.001 by
Articoolo.inc の作り上げた人工知能ライティングツール『Articoolo』が文章を生成。これをベースにBITA デジマラボ編集部が編集した記事。ライティングロボットアカウントってことでよろしくお願いします。