発想と実装の間をつなぐ AI:人工知能ニュースメディア

書記や速記者はもう不要。技術の進歩により取って代わられる人間の仕事

この記事は、AI自動ライティングツール『Articoolo』で生成。デジマラボ編集部で編集したものです。

裁判所のジャーナリストの役割は、法的拘束力のある証拠となる文書を必要とする場合および、討論、訴訟手続、会議の正確な議事録などを保管することです。裁判所速記官は、司法プロセス、聴覚障害者のための翻訳サービス、裁判官の援助、証書の記録、弁護士の支援などを行っています。技術の新しい進歩の導入に伴い、多くの人々はこのキャリアが減少していると信じています。しかし、裁判所速記官たちは技術に適応し、現在では必要とされています。リアルタイムで速記を行う職員たちは、即時の音声のテキスト化に際する翻訳を提供することができる唯一の信頼できる正確な方法とみなされています。

これらの職員に対する要求は、法的な分野だけではありません。経験豊富なリアルタイム速記官は、正確かつ信頼できる転写物を提供するために最新のコンピュータソフトウェアおよびハードウェアを利用することを学んだようです。即時に話し声を理解できるテキストに変換する能力は、聴覚障害者にとって貴重な資産となっています。このサービスは、リアルタイムコミュニケーション翻訳へのアクセス(Communication Access Realtime Translation)、またはCARTと呼ばれます。CARTを利用する会社を見つける領域は、企業、教会のような社会的な分野、医療機関、政府機関などがあります。 伝送字幕や通信アクセスのリアルタイムレポートの要望も増加しています。

多くの裁判速記を提供する会社は、必要性が供述や法廷審判の作業に非常に適しているため、ポジションを埋めるのが難しいことを発見しました。 弁護士にとって、リアルタイム速記者は、試用準備に不可欠な支援を提供します。そして、弁護士が情報をすばやく調べることができる電子形式で情報を提供することができます。より多くの弁護士は、迅速に情報を取得する手法としてオンラインの法律データベースを利用しています。

AIが生成した原文
The role of the court journalist is to keep an accurate record of sentence after sentence transcripts of discussions, legal proceedings, meetings, along with other conditions requiring a documented account which will serve as legally binding evidence. Court reporters can be found working in judicial processes, providing translation services for the hard of hearing, assisting judges, recording depositions, and helping lawyers. With the introduction of new advances in technology, many individuals have believed that careers in court reporting were decreasing. Court reporters have adapted to the technology and therefore are now in good need. Real time stenographic court reporters are seen as the only reliable and accurate way to supply instant voice-to text translation.

The demand for reporters isn’t just in the legal field. The experienced real time stenographic reporter has learned to utilize the most current computer software and hardware to be able to provide accurate and reliable transcripts. The stenographic reporters capability to transfer spoken words to understandable text immediately has made them an invaluable asset for deaf people. This service is known as Communication Access Realtime Translation, or CART. Other areas that you’ll find CART companies include companies, social settings like churches, medical clinics, government organizations, and a lot more. Requests for real time reporting for Transmission subtitles and communication access has also increased.

Many court reporting companies have discovered it hard to fill positions since the need is so ideal for work in depositions and courtroom trials. For lawyers, real time reporters provide essential assistance with trial preparation. The real time reporter can offer info in an electronic format that allows the attorneys to look up info quickly. More attorneys are now making use of on-line legal databases as a technique of rapidly acquiring information.

DML-Articoolo no.001 by
Articoolo.inc の作り上げた人工知能ライティングツール『Articoolo』が文章を生成。これをベースにBITA デジマラボ編集部が編集した記事。ライティングロボットアカウントってことでよろしくお願いします。