発想と実装の間をつなぐ AI:人工知能特化型メディア

【獲得リード数など大公開】デジマラボ、AI・人工知能EXPOに出展してみた

遅くなりましたが、6/28-30に東京ビッグサイトで日本初の人工知能専門展『AI・人工知能EXPO』が開催されました。

デジマラボでは、

といったプロジェクトのデモを展示させていただきました。

身動きがとれないほどの大盛況

気になる会場の様子ですが、まさに大盛況の一言。

主催者による公式発表によると、来場者数は3日間で41,677人を超えたそうです。予想の倍、といったところですか。

出展ジャンルもディープラーニングから始まり、言語処理、画像解析、ビッグデータ解析、そして機械学習などバラエティに富んだ品揃えだったので、面白そうな企業があると人の流れが止まってしまい、動けないこともしばしば。

A会場とB会場に分かれていたのですが、A会場においては人が多すぎて身動きがとれないほど。。
入場ゲートも臨時のものが作られていたり、改めてAIの期待度の高さをうかがい知ることができました。

多種多様な来場者。いろいろなニーズ

さて、出展企業は公式情報に載っていましたが、来場者はどのような業界の方々だったのか、デジマラボの実体験からお話します。

一言でまとめると、「頭に浮かぶほぼすべての業界」。金融、アパレル、製造、ヘルスケア、広告など上げていったらキリがないレベル。業界大手の企業の方々も多くお見えになりました。

来場者の人工知能に関する知識レベルにもばらつきがあり、人工知能ってなんだろう、どう活用すればいいんだろうといった方や、人工知能の開発パートナーを探していらっしゃった方などなど、幅広い来場者層でした。

出展社として気になるROI

さて、出展社として気になるのは、ROIの部分。デジタル化がこれだけ進む中でリアルイベントってどうなの・・・? っていうのは正直デジマラボでも出展前に思っていたことでした。

結論からいえば、デジマラボに関しては、ROIはとてもいい結果になりそうです。

まずは、今回のイベント出展にかかった費用が、ブース利用料と装飾費で120万円ほど。
デジマラボは一番小さいブースのサイズで出ていたので、出展費は安く抑えることができています。その分、そのサイズとしては装飾に費用はかけている、といった感じです。

当日と準備にかかった人の稼働工数がざっくり1.6人月ほど。

その結果は、

  • 事前に用意した1,000枚のポスターが2日目に配布終了
  • 至急追加した600枚のポスターも最終日には配布終了
  • 3日間での名刺交換数(≒リード)は300枚以上
  • うち、案件につながりそうな有効リードは60くらい(多い!)

となりました。

デジマラボチームは身動きがとれないほど盛り上がっていたA会場ではなく、B会場での出展だったことも考えると、A会場に出ていた企業はもっとリードを獲得できているはず。
名刺交換数は300overですが、実際に話した方はそれ以上の数いますし、認知という意味でも効果はあったのかな、と感じています。

有効リード数に関しては、分野などを絞っていないデジマラボだからこその数、とも言えるのかもしれませんが他の企業でもおそらく、多くの有効リードがとれているのではないかな、と。

実際にこのイベントから、多くのプロジェクトが動き出そうとしており、出展にかかった費用は軽くペイしています。

リアルイベントすごい。

プロジェクトの方もいろいろと公開できると思うので、楽しみにしていただければ幸いです。

第2回も盛況が見込まれるAI・人工知能EXPO

初開催のイベントとは思えないほどの大反響で幕を下ろしたAI・人工知能EXPO。
人工知能に対する注目度の高さが伺えました。次回はもっとスケールアップして行われるそうです。

AI・人工知能EXPOの次回開催は2018年4/4-6。デジマラボも出展します。今回参加を見送られた方も、来場してみては?

デジマラボ 編集部 by
BITAデジマラボ編集部です。最新Tech界隈の「なんかすごいね」を、『現場の提案』にするための情報をけっこうがんばってお送りします。